2009年02月27日

「Confetti Love Songs」

BahashishiさんのNew Single「Story…」と一緒に購入した、
LOVEの「Confetti Love Songs」。

2/17[Story...]
(写真右上のソレ)

皆様に倣って、CDの感想を書きます。
多分、CDの(全曲)感想を書くのはこれが最後になります。

***

まずLOVEって人に関してですが。
僕はCOSファンの先鋒的立場におった(多分)わけですが、
3人の中では、断トツに飯塚啓介くんが好きでした。
いや、むしろ「愛してました」と言っても差し支えないだろう。
Fukkoちゃんに関しては、好きだけど、愛せない、そんな感じ。
ルイルイは、その真ん中(笑)。

で、今までの音楽日記を見ていただければわかるのですが、
僕は「バンド」が好きです。
バンド形式じゃないアーティストには、あまり興味示しません。
大昔はそうでない時期もありましたが、ここ2年ほどで固まりました。
バンドが繰り出す「一体感」や「決闘感」が好きなのです。

要するに、「愛するほどじゃない」人が、「バンド」でなくなった。
となると、もう殆ど「普通の人」です。
その、「普通の人」が作った「一枚のアルバム」…

なら、まだ良かったのですが、

決定的だったのは「通常版と限定版で収録曲が違う」。
この、大御所アーティストかアイドルしかしないような、「姑息な手」を、たかだかインディーズレーベルのアーティストがやりおった。
要は似て非なる「二枚のアルバム」を世に出してしまったわけです。

これ、「大きいお友達」にとっては、そんな苦じゃないですよ。
でも、COSを支えてきたのは、心にいろんな傷を持っているそんな十代の若者が多かったはず(僕はココには含まれません・笑)。
そんな十代が、このご時世にたかだかボーナストラック1曲のために、
CDを2枚買わざるを得なくなるなんてそんなバカな。

いや、確かにCOS時代から好きな十代は、
大概もう二十代の「大きいお友達」になりつつありますが(笑)

そういうことじゃないでしょう、と。

グチならいくらでも出ます(笑)
ただまぁ、実際に曲を聴いてみて、
「いやゴメン、聴かずにグチグチ言ってた僕が悪かった」
と、言わせるようなAlbumかどうかですよ、後は。

では、前振りが長くなりましたが、全曲をすらりと。

続きを読む
posted by 輪駆 at 18:35| Comment(2) | TrackBack(0) | COS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。