2008年07月11日

Rock'N'Roll Show

7/10(木)

Superfly Rock'N'Roll Show 2008
@なんばHatch


***

7/10Superfly1

愛媛出身、Superfly。
みかん位しか誇れるものがなかった県民としては、
なんちゃらコンでの二週連続売り上げ一位という快挙は、
まさに胸のすくようなものであっただろう。
(その証拠に、愛媛新聞で記事になってた…らしい)

その、今をときめくSuperflyの全国ツアー
チケットは全公演即日完売
そんなプレミアもののチケットだが、
素晴らしい友人のおかげで、なんと1桁の整理番号を手にしたのだ。
これほどに盛り上がる話があるじゃろうか?

ウキウキしながら、16時に退社し、難波に向かったのである。

ネタバレしまくりですので、
まだ行ってない人、注意。




7/10Superfly2

満員の公演だからだろうか?
なんばHatchに1桁の整理番号で入ったことがなかったのだが、
入場は係員先導の下、エスカレーターを上り、Liveホールの中、もうここでいいでしょう、的なところまで先導してもらいました。
っても、僕ら(4人組)の前には4人しかいない。
最前列取り放題である(笑)
僕は最前列の少しステージ見て右側に居座った。
(残りの三人が僕の左側…中央寄り…にいる)

ドキドキしながら開演を待つ。
ところで、キーボードの右っ側にツボがあるのだが?
あれ、何に使うんだ?
蛇でも出てくるのだろうか…

19時、開演である。

最初は[Hot'N'Nasty]だす。
いきなりカバーから入ってくるのは、前回と同じか。
しかし、この曲も非常に盛り上がる曲だよなぁ。

あとのセットリは、覚えていない。
ただ、[I spy I spy]を除くオリジナル曲は全てやった。
カバー曲は最初の一曲だけだった。

そんな訳で、記憶を穿り返してみよう。

*凛
→この曲はLiveで聴いてこそナンボだな、と。
手拍子してたイマイチ分かってない皆様の音が、次第に止んでいくのが心地よかった(それだけ、声のチカラが凄いってことだと)

*バンクーバー
→光の使い方が、曲調とピッタリきていて、問答無用。
この曲も(↑の凛も)好きな曲なので、ちょっと見惚れる。

*嘘とロマンス
→ここで、タオルをまわすという振り付けが!!
しかし、これがものすっごい盛り上がる。もう、腕外れても構わんっ、って勢いでタオル回す。
ただ、(事故で)タオルが飛んで行ってステージ上に落ちたら拾って返してくれたのかなぁ?とか曲中に思いついて、実行しようとも思ったのだが、良心が許さなかったので、止めた。

*マニフェスト、Hi-Five
→ここは連荘で来た、そらまぁ、ロッケンローな曲なので、この二曲で踊りまくってナンボでしょう、もちろん、狂ったんじゃねーかってくらいに(笑)踊りまくりましたよん。

*愛と感謝
→カラオケ大会が面白かった。右と左に分けるとか、年代順(10代、20代〜50代まで!!)に分けるとか。あ、年代順のはC&Rの時だったか(笑)
そして僕は完璧に歌詞を覚えてないのを自覚して、ちょっち悔しかった(明らかな予習不足)。

*愛を込めて花束を
→とりあえずのトリ。ってかここまでホントあっという間。
これだけあっという間感ってのは、流石としかいえないなぁ。
で、ロケンローじゃないけれど、この曲はいい曲だ。

***

と、後はアンコールだけなのだが、
その前にMCでの出来事をいくつか(アンコール分含む)

***

まず、愛媛から大阪への移動の話が出た。
要は、G.の草刈さんが、分割されて高松へ行く「いしづち」に乗ってしまった(メンバーは「しおかぜ」に乗ってた)という話なのだが。
そこで、志帆ちゃんが愛媛県民とは思えない勘違い発言を。

「愛媛から大阪まで新幹線で移動したんですけれどね、その、愛媛から岡山まで移動する新幹線の中で…」

え?

↑の話の前半を聴いていて、「新幹線だったら岡山〜新大阪間か、あの1時間程の中で一体何が?」と思っていたら、後半のドッキリ発言が。

いや、あの…
「四国には新幹線なんて走ってないよー!!!!!!」
と、どれだけ僕ら(4人中3人は愛媛出身)が叫びたかったことか。

四国を、いや、松山〜岡山間を走る『特急しおかぜ』は、新幹線じゃありません。あくまで在来線を走る特急です。
そして、その「しおかぜ」は、松山〜多度津間において、松山〜高松間を運行する『特急いしづち』と併結運転しており、多度津駅で切り離しを行って、岡山もしくは高松に向かうのです。
(関西圏の人は、関空・紀州路快速を思い浮かべるとわかりやすいかな、と。あと、新快速にも一部そういう運用があるね)

草刈さんはタバコ吸いに喫煙ルームに行ったということで、
多分喫煙ルームが「いしづち」内にあったのでしょう。
(参考のJR四国8000系の車両図を
まぁ、そのままヘッドホンで爆音ガンガンに音楽を聴いていて、いざ座席に戻ってみてみると、あったはずの4号車がなくなってる!!
といったことになったのでしょうか?

最近のJRは併結運転が少なくなっているので、
この辺対応できないのは仕方のない話ではありますが。

ただ、愛媛出身の志帆ちゃんが、
絶対普段からお世話になっていたはずの『特急しおかぜ』を、よりにもよって『四国にはもう、来る可能性すらほとんどない“新幹線”』と言い間違え(勘違い?)するなんてっ!!

…いや、待てよ?

ひょっとしたら“調査費停止”に苦言を呈するために、
あえて走ってもいない「新幹線」という表現を使ってだ。

大阪のファンが愛媛に来る時に、
「おいおい、新幹線ないやんかー、不便じゃのー」
「なかったら作ってもらおうぜ!!」
と、新幹線着工への声を増やそうという、
そういう計画か!?

…そんなわけ…なーーーーーい!!

とにかく、同じ愛媛県民としては、余り喜ばしくない間違いですので、この辺はアンケートにもしっかり記入して、送付しておくつもりであります(まだ、アンケートは手元にある)。

***

で、アンコールでしたね。

数多くの拍手が鳴る中、着々とピアノがセットされる。
そして、10分くらい拍手が鳴り止まないまま…
もう、手ぇ痛いっすよ、という頃にやっと来たー!!

ツアーT姿に着替えた志帆ちゃん。
もちろん[Last love song]でした。
この曲は弾き語りでも全然OKだなぁ。
(他の曲は、まだ微妙だと思うのは僕だけ??)

そして、次は新曲(9月発売のやつ)。

ここで、再びメンバーが出てくる。
しかも、小芝居でツアーグッズの宣伝をしちゃって。
まぁ、可愛い。

>でっかいサングラスを入れるものがない…でトートばっぐ
>通天閣を書きたいけれど書くものがない…でペン
>お腹が空いたからたこ焼き買ったけれど、楊枝がない…でエコ箸
>楽屋が土砂降りでびしょ濡れだよ…でタオル(今治産)
>携帯にストラップがなくて寂しい…でストラップ

と、ちょっと無理矢理っぽいのもあったけれど、
頑張って考えてるんだろうなぁ、とほほえましくなります。

で、新曲と、[I Remember]をやって締めっ。

***

Live中。
もちろん、志帆ちゃんばっかりを観てはいたのだが、
時々、いや、ソロのときとかは草刈さんを結構見ていて(正面だったし)、
いえーいって指指すと時々目が合ったような、
そんな錯覚を覚えておったのですが。

最後の挨拶が終わって帰る際に、もっかいいえーいってやったら。
今度は確実に目が合った!!

でも、手に持っていたピックはもらえなかった…

が、残っていた志帆ちゃんがピックをほいほい投げて、
うちのいっこが、僕らの足元にポトリ。
やったーって、頂戴しておきました。

が、これは僕が持つよりも、友人に持ってもらうほうがいい(なんせ、家に非売品のアナログ盤ありますしね)と思ったので、ぬくもりだけは手の中に覚えておいて、友人に渡しておきました。
まぁ、皆さんそれぞれで写真撮って、
思い出は共有しておりますが。

7/10Superfly3



今回のLiveは、
行くまでは果たしてどうなるんだろう?
みたいな(自分の心の)不安がありましたが。

まぁ、行ってみるとそんなもん杞憂なわけで。
あくまでもロケンローなSuperflyを感じることができて、
本当に行ってよかった!!と思ったのです。

ちょっと人気が出ちゃって、
堂々と「Superflyのファンです!!」とは言いづらくなってきたけれど、何せ、同じ愛媛県民ですからね。
これからも愛媛の誇りとして、期待していますよ。
もちろん、アンコールツアー@大阪も行きますし。
よろしくお願いします。
posted by 輪駆 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Liveレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。