2008年07月20日

僕は24時間電気屋さんに行く

7/19(土)

僕は24時間電気屋さんに行く
@福島2nd line

Act:竹内電気/iGO/24-two four-


***

7/1924時間1

↑このチケット秀逸じゃね?

名古屋の仲良し3バンド

竹内電気
iGO
24-two four-

が、昔っからやってる自主イベント、それが『僕は24時間電気屋さんに行く』だそうです。
その、3バンドのスプリットCDが発売されたということで、
東名阪を回る壮大なツアーが行われており、これがその2公演目。
東京→大阪→名古屋と回る折り返し地点である。

僕も、竹内電気とiGOは結構気に入っているので、
このLiveに参戦したわけです。



7/1924時間2

昼間は、名古屋からおいでなすった(竹電を教えてくれた)方々と行動を供にし、17時過ぎに福島着。
2ndlineでチケットを引き換える(メール予約してた)と、19番でした、そして、このテクノポップなチケット(↑)に軽く感動。

18時開場ということで、しばし涼しいコンビニで時間を潰し、
18時に開場、入場するときに「お目当ては?」と聞かれたので…

多分、っていうか関西でこのLiveに来る人は、
8,9割は竹電目当てだと思うんです。
まぁ実際僕の前に入ってった人らも、「竹電」って言ってたように聴こえたし。

じゃぁ、まぁ、僕はあえてそっちを選ぶこともなく、
「iGOです」と、迷いなく宣言して入場。
19番目だったこともあり、先に入った友人らのすぐ後ろ辺りに居座ることに成功。
楽器配置を見る限り、一番手が竹内電気らしい。
(まぁ、演奏順は↑の順番なのですが、毎回)

んで、待ち音楽の音量にびっくししながら、18:30過ぎに開演。

*竹内電気
セットリストは…
ご、後日書けたら書きます(拝借してくる気満々・汗)。

やっぱりまずは「SPARKLE」でしょう。
初めて竹電見る人は、コレに度肝抜かれます。
何度かは見ている僕でも、まだ軽く抜かれます。
でも、今回は流石に他のメンバーを見る余裕もあったなー
ちょっとは成長したみたいです。

もちろん、肝心の音楽の方も。
ポップなんだかロックなんだかわからないけれど、
(本人らはポップだと言い張っておるみたいです)
とにかく、ツインギターとキーボード、+リズム隊(ベース&ドラム)の奏でる五重奏は、なかなか隙がありません。
これだけ豪勢なバンド形態とってるのは、
僕の好きなバンドの中では竹電しかいませんし。
(サポートメンバーは数に入れません)

最初の曲で、眼鏡が取れたサティフォさんをみて、
「めっちゃおかしい」という山下さん。

「次のバンドのこの位置にいるギターの人のMCは凄すぎるので、僕はもう面白いこと言いません」とプレッシャーをかける斉藤さん。

かなりノリノリにベースをかき鳴らす加藤さん。
(むしろ加藤さんはラストのアレのほうが印象に残った)

いやはや、このバンドが2ndlineでやってるってのは、
明らかに関西人の目が腐ってるとしか言いようがないなぁ。
彼らの実力なら、シャングリラくらいは楽勝で埋まりますよ。

と、今度9/23(祝日)には、
竹電と誰か(まだ未定)の2マンLiveがあるんですよ。
(8/20発売のSingleレコ発)
これは、是非是非チェックしておきましょう。



*iGO

まだ、二度しか見たことがないのですが、それでも強烈な個性と、ド直球のロックが印象に残る四人組。
拠点の名古屋でも、ジワリジワリと人気出てきてますし、
(ZIP-FMの番組パワープレイに選ばれたとか)

良く言えば真っ直ぐな、悪く言えば捻りのないロックは、
非常に耳に残りやすく、かといって後味も残らずに、
僕らの耳にすんなりと入ってきますぜ。
([ハローグッバイディスティネーション]は秀逸)

でも、Liveで見るとそんなド直球ロックよりも、
野田さん(G.)のMCで全てをさらわれてしまう。
一撃必殺のMCは、ホント必見です。

今回は珍しく(!?)下ネタなしで、
女子ばっかの会場(多分、9割は女子)を爆笑の渦に…
ホント、「こらえきれない笑い」がもれてました。

もちろん僕も。
母親とケンカしたって話だったのですが、
これはもう、現地で聴くしかないですよ、おにーさん。

そういやジャージ姿じゃなかったのですが、
あれは本当にMCの通りだったのでしょうか?
ちょっと、疑問です。
(設営の時と同じ服だったから、てっきり着替えてくるのかと思ったら同じ服でビックリした)

iGOも、8月にミニAlbumを出します、
ソレ引っさげて関西にもやってくるのですが…
9/14@神戸と9/15@大阪って…

わーごめんなさいっ。
僕、この日だけはどうしてもダメな日なんですー
悔しいぞっ。

悔しいので、PVが見られるサイトがあったから、
それのリンクを張っておきます、コチラ



*24-two four-

先の「僕は24時間〜」のスプリットCDの中で、
今まで一度も聴いたことがなく、それでも一番気になった24。
ポップなロックにド直球ロックと続き、
でも、彼らはどちらかというと「ユラユラと揺れるロック」
随分違った色の三組が1枚のCDに納められるっていうのは、
なかなかに面白い企画だなと、ホントに思うわけで。

そんな、ユラユラロックの24。
ドラムが前に出てくるっていう少し変わった配置。
(確か、ニルギリスがこんなだったなぁ、と今思い出した)

ひょっとしたら8ottoみたいに、ドラムが歌いだすのでは…
と、思ったがそういうわけでもなかったです。
色々なバンドを見歩いていると、変な知識は沢山付きます。

で、肝心の音のほうだが、
まさにユラユラロック。
あまりにユラユラ過ぎて、お酒もちょっと入った輪駆さんは、
眠気に襲われつつ、音楽を楽しんだのです。
(ココに来て、最前列に移動でき、もたれかかれるようになれたというのも大きいのだと思うが)

と、そんな感じで3バンド。
どれも見ごたえがあって、ホント面白かった。

ただ、コレはスプリットCDのレコ発ですので。
スプリットCDには、3バンド合同で作り上げた曲
[FUN!FUN!!ファンファーレ!!!]がありますから。

当然、ラストはコレを演奏して。
大所帯だから、旗持ちとかちょっと変な人もおりましたが(笑)
最後にまたどーんと盛り上がって、Liveは終了。
いやいや、本当に楽しいLiveでした。

***

そこから、物販ではiGOさんのTシャツを購入し。
(個人的にはiGOを押して行きたい今日この頃)
しばらくぼーっとして、余韻に浸っていると、
明らかに会場から男子の姿が(メンバー以外)いなくなっていたので、ちょっとバツが悪くなった輪駆さんは、大人しく帰ることにしたのでしたとさ。

posted by 輪駆 at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | Liveレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさまでした!
コーヒー屋とかスミマセンでした、、まさかのお休み!!泣

野田さんのジャージの話は本当だそうです。今回は実話でよかったです!笑

これからも、iGO応援していきましょーう◎
Posted by よーこ at 2008年07月22日 22:51
いえいえ、こちらこそ!!
コーヒー屋も、近くを通った時には覗いてみます(凄く一般人っぽく・笑)

下ネタじゃない野田さんも面白い事が分かったので、頑張って9/15はLive行ってみる予定です〜(超・強行軍)
9/3には24も見られるしね、楽しみっす。
Posted by 輪駆 at 2008年07月22日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。