2008年08月19日

中国大旅行〜初日〜

盆には松山に帰ろう!!

というわけで、8/9〜8/17というとんでもなく長い休みを取り、
久しく会ってなかった友人に会うべく、連絡を取りつけ、
今年でラストイヤーとなる広島市民球場への巡礼もしつつ、

『4泊5日で松山に帰る』

という、まぁ、輪駆らしい帰省をしたのである。
(実際親も旅行に出ており、13日まで家に誰もいないっていうのも、長旅になった理由なのですが)

今回も、写真はYahoo!Photoに掲載してありますので、
コチラから写真をみつつ、楽しんでくださいね。

《***》の文字がYahoo!Photoに対応している写真の表示です。




初日:大阪〜鳥取

出発は9:10発の日交高速バス。
阪急三番街のBTからなので、家から阪急に乗り、梅田へ。

乗車券を引き換え、バスに乗り込む。
《001:日交バス》
鳥取駅前着が12:21予定なので、およそ3時間。
ただ、お盆の帰省ラッシュも始まっているらしいので、油断はできないだろう。
案の定、宝塚市辺りで渋滞に巻き込まれる。
結局、30分は余計にかかってしまったが、まぁまだ30分なら軽いものだろう。

日交バスPA休憩中

中国道をひた走り、作用ICで国道に降り、ひたすら鳥取を目指す。
智頭急行や、(建設中の)鳥取自動車道、バードスタジアムなどを横目に、およそ30分遅れで鳥取駅前到着。
《002:鳥取駅》

さっそく、友人Oに連絡し、再会を果たす。
駅前で待っていた車に乗り込み、いざ鳥取観光へ。
前に会ったのは、3年程前の結婚式のときだ。
(旧日記の2005年3月に書いています)

去年位に子供が生まれて、なかなかに忙しい日々を送っているみたいだが、去年の暮れに「ヤッターマン始まるんですか?」という一通のメールをきっかけに、『んじゃ、愛媛帰っちゃう前に会おうぜ!!』と言う話になったのだ。

部の後輩ではあるが、
向こうが浪人だったので、同い年。
車の中では懐かしい話や、子供の話などをしているうちに、
昼飯を食うべく、観光市場のような所へ。

ここで、寿司に舌鼓をうち。

腹ごしらえも済んだし、鳥取砂丘へ行くぞ!!
ということになる。
鳥取砂丘自体は子供の頃に行ったことがあるのだが、
もう20年近く前のことなので、非常に記憶がおぼろげだ。

しかし、やっぱり鳥取を代表するだけある。
いい場所でした。
《003:鳥取砂丘1》
《004:鳥取砂丘2》
《005:鳥取砂丘3》

砂の熱さとか、砂丘と青空のコントラストとか、毎度おなじみ的な輪駆さんの“晴れ男”っぷりとか…。

砂丘の一番上まで歩くと、海からの風が非常に気持ちよく、
お日様を遮るものが何も無いような状況でも、
非常に快適で、ずーっとでも座っていられるような、
身体中に自然を感じ、実に楽しいひとときでした。

売店で、梨ソフトクリームだとか、梨ジュースだとかを食べ。
そこから一旦Oの家に戻ることに。
嫁さんと子供が出迎えてくれました。

子供が…まだ一歳半くらいだっけ?
可愛い盛りだけれども、危なっかしい盛りでもある時期。
ようやく言葉も話せるようになったころなんで、
こうやって見ているだけ、ならホント可愛い。

でも、育てる、となるとやっぱり大変だろうなぁ、と。
しばし休憩して、んじゃご飯食べに行きましょうか、って時には、さっぱり寂しいのか泣き出しちゃったりして。

うーん。
早く嫁と子供を…

***

鳥取の町では、きょうは「しゃんしゃん祭」ってのがあって。
それでも見ましょうか、ということに。
同時に「ガイナーレ鳥取」の試合もあったのだが、
バードスタジアムが少しばかし遠いので、またJに上がってからのお楽しみ、ということで…(笑)

しゃんしゃん祭り

《006:しゃんしゃん祭》
鈴のついた綺麗な傘を手に踊る「しゃんしゃん祭」は。
鳥取版「よさこい」というべきですかね?
紹介サイト
元々あった音頭を、華やかに、かつ楽しく仕上げたような、そんなお祭りは、スローライフを自認する鳥取らしく、やさしい鈴の音が町中に響き渡り、『あぁ、やっぱり地方はいいなぁ』と心地よく心を揺らしてくれました。

その後、「とっ鳥屋」っていう居酒屋さんで。
しこたま昔話に花咲かせ、旧交を温めて…
携帯で速報を見ていたら、ガイナーレがなんと8-1で爆勝しており、「あー行けば良かったなぁ」なんて笑い話もあったり。

NEC_0209.jpg

22時過ぎくらいに家に戻ってきたのかな?
子供がもう寝ていたので、静かに話しを続けて、
結局23時頃には眠りにつきました。

子供に手が掛かって、ホント忙しいと思うけれど、
それでも歓迎してくれて、ありがとうございました。

***二日目へ***
posted by 輪駆 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。