2008年08月23日

中国大旅行〜最終日〜

いよいよ中国の旅も今日が最終日。
計画段階ではまさか4県回るとは思ってもいなかった。
できれば山口も…といきたいところだったが、今回は断念。
また、次の機会にするとしよう。

*今までの旅*
一日目
二日目
三日目
四日目

今回も、写真はYahoo!Photoに掲載してありますので、
コチラから写真をみつつ、楽しんでくださいね。
(21日の昼頃まで観られなかった人いますよね、すいませんこちらのミスです)

《***》の文字がYahoo!Photoに対応している写真の表示です。



最終日:広島〜松山

最終日とはいうものの、なんてこたぁない。
昼飯食って松山に戻るだけ。

だから、朝もゆっくり起きて、8時半ころにロビーで朝食。
(パンとコーヒーを食べ放題という)
とはいえ、昼飯を少し早めに食べなければならない(広島・宇品港発13:50のフェリーに乗る予定)ので、あまりバカバカとは食べていられない。
そこそこにして、出発の準備をして…
10時少し前にホテルをチェックアウト。
ほぼ寝るためだけのホテルではありますが、いいお部屋でした。

で、昼ご飯はまぁ、面倒なので駅前(の、お好み焼き屋が集まってるトコ)で食べるとして…それまでの1時間ちょっとをどう過ごそうか、ということになる。
紙屋町までいって、カープグッズでも買いあさるか。
原爆ドームいって、反戦の誓いを新たにするか、
昨年行かなかった場所へいくか…

と、迷っていると、駅から東にある市場っぽいとこに、
『祝新球場Cアイユーロード』
って垂れ幕があることに気付く。

そういえば、広島の新球場は広島駅からそう遠くない場所にあると…
それなら、建設中の新球場でも観に行こう!!
ということで、テクテクあるいて新球場へ。

駅から徒歩でも15分程度。
十分歩ける距離(他のプロ野球団フランチャイズ球場に比べても)であろう、その新球場は、まさしく『現在建設中』でした。
《038:新球場1》
《039:新球場2》
《040:新球場3》

もう、照明柱も一本はほぼ完成しており、
内野席も徐々に形になってきつつある。
(038の見えてるあたりは三塁側内野スタンドになる)

広島新球場

工事用バリケードには、完成予想図なんかもあり、
左右非対称、内野天然芝の実に楽しげな球場がそこに。
(内野天然芝はスカイマークSTくらいしかない)

うーん。
税金の無駄使いとか言われないように。
素晴らしい試合をたくさんしてほしいなぁ。
(まぁ、現行の球場の代行という形ですので、その問題はないとおもいますが、普通に考えれば)

新球場の姿も堪能したので、再び広島駅に戻る。
この新球場周辺には『カープマンホール』が多数設置されてあり。
それを見つけて一人はしゃぐ29さい。
(マンホールは、町の特産物や景勝地などを図化しているところが結構多くて、マンホール拓を集めている人なども世の中には存在するのですよ、マンホール恐るべし)
《041:カープマンホール》

広島駅に戻ってきたら、11時頃だったのでちょうど良いやと、そのまま駅前のトコロへ。
そりゃ、街歩けば有名店もたくさんあるし、そういうところの方がやっぱり美味しい(いやむしろ、近所の名物おばちゃんがやってるようなところのほうが美味しいかもしれん)のですが、この暑さと、ザックという大荷物かついで、ほれ地図片手に名店探し…なんてとてもじゃないがやってられないわけで。

だからまぁ、適当に店回って、なんとなくよさそうなところに行ってきました。味はまぁ…特筆するほどじゃない、美味しかったけれど。というよりお好み焼きで感動しろというほうが難しい気がするけれど…
(誰か美味しいお店とか知ってたら教えてください)
《042:お好み焼き》

さて、後はもう宇品までいって、フェリーに乗るだけだ。
駅中のショッピングセンターでお土産を購入して。
(親がもみじまんじゅう好きなので、それを購入)
まだ少し時間があったので、コーヒー飲んでボーっとして。

広電に乗って宇品まで。
乗ってすぐはお客さん多いけれど、宇品港まで行く人はその中の1割位、これは去年も一緒だった。
乗った電車が京都市電(1978年9月全廃、あ、僕が生まれる前だ)の転籍車で、現在・京都で働く身としてはなんだかうれしい気分に。

広島市電

宇品に着いたら、とりあえずフェリーの切符を購入し、スーパージェット(広島〜松山を1時間ちょっとで結ぶ。フェリーなら2時間半以上)の乗客をうらやましく眺めつつ、フェリーを待つ。
まぁ、待ってるうちにまた便意を催してきたので、待ち時間もさして困ることはなかったのだが。

そして、フェリーが定刻13:50に出航し、
《043:松山行フェリー》
音楽聴きながら寝てるうちに、松山着。
(広電宇品行きと、フェリーは去年も乗ったので、音楽を久々に聴いた、原則初乗車の区間では、音楽を聴かないことにしてる)

松山観光港からは、高浜行きの連絡バス〜高浜駅から伊予鉄で大手町〜市内電車に乗り換えて大手町と乗り継いで、オレンジスポット(愛媛FCグッズショップ)へ。
大手町では、毎度おなじみ(?)のダイヤモンドクロスを堪能。
《044:大手町ダイヤモンドクロス》
今回はなかなかいい絵が撮れました(笑)

《045:ラフォーレ原宿松山跡》
ラフォーレは完全に閉鎖されてるねー
G.Wに帰ってきたときもそうだったとおもうけれど。

《046:坊ちゃん列車と超低床車》
坊ちゃん列車と超低床車の並び。
新旧織り交ぜてる感がなかなかに秀逸。

オレスポではレプリカユニを購入し。
(応援用というよりは、後日のための準備用)
そこから市内電車でぐるりと市内一周して、古町で下車。
flyers御馴染みの、「伊酒屋あすか」に行ったのです。
(詳しくはこの辺の日記で)

最初はただの旅人に思われてましたが。
当時の話をすると一発で思い出してもらえました。
うーん、連れて行ってくれた人、感謝っ。

で、たらふく食べて。
(スパゲティと、角煮焼き美味い、はんぱなく美味い)
色々と話もしたり、五輪野球とか見たりして。
(ココでは話せない話も結構した…かな?)
21時過ぎに、親がようやっと松山戻ってきた(10〜13日の予定で関東に遊びに行ってた)ので、その帰りに僕も拾ってもらって、無事に家に帰りついたのでした、と。

《047:Superfly》
店内に貼ってある垂涎もののサインとか。
是非一度事故(お店でバッタリ)にあってみたいものです(笑)
ホント、松山帰ったらちょくちょく行きますよ。
皆様も、松山来ることがあれば、是非。



と、中国旅行記は以上です。
いやはや、短い間でしたが、濃い旅でした。
(まぁ、長くても濃い旅をするタチですが、僕は)

しかし、日本国内にはホント良い場所がたくさんありますね。
海外にもそりゃ、すごいところはあるのでしょうけれど。
日本国内を知ることなしに海外に出るなんて事は、僕にはできそうもありませんね。

今回の旅日記見て、
「あーワタシもこんな旅したいっ」
と、思った貴女っ。

是非、ご一報ください(笑)

こんなバカ旅行に付き合ってくれる人、いないと思うけれど…

***

また、実家滞在記も書きますね。
結構色々あったんだ、3,4日の滞在で。
posted by 輪駆 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。