2008年11月04日

ミナホ'08〜2日目〜

10/31(金)〜11/3(月・祝)

パナソニック乾電池EVOLTA Plesents
『MINAMI WHEEL 2008』
@ミナミ一帯のLiveHOUSE18箇所

ACT:450組以上のアーティスト達


***

2日目はとっても長い日。
フルで1日ミナホして、その後はオールナイトイベントへと。

でも、13時にBIGSTEP前に集合。
Superfly友達と昼ごはんを食べようという話になったのだ。
13時過ぎに全員集合し、いざ昼食を。
digmeoutcafeで、日替わりランチを食べて、JOYSOUNDとのコラボイベントでのTシャツもGETして。準備万端、いざ出陣。

今日はひたすらBIGCATでBahashishi待ちな、そんな1日である。



11/2(日)

見たアーティスト

→QUNCHO with THE THIRD STONE BAND@BIGCAT
→5050@BIGCAT
→植村花奈@BIGCAT
→Bahashishi@BIGCAT


14時頃にBIGCATに行くと、既に10人ほど並んでいた。
どうやら、その大半が“5050”目当てだったようで。
From名古屋のLive仲間の方もいらっしゃって、軽くご挨拶。
もう一人From名古屋なLive友達(こちらはBahashishi繋がり)も、開場時間辺りには来られるそうな。

開場し、BIGCATへ。
さすがに前の方をしっかり確保できる。まぁBahashishiまでは無理に最前列に居座る必要もないので、名古屋仲間な方と話したりしていたのだが…よく見ると前回のBahashishiのLiveで知り合えた方もいました。少しお話してると、友人もBIGCAT到着。

そういや“わたなべゆう”さんもBIGCATにいらっしゃって、ちょっとだけお話させていただきました。昨日はホントに心温まるLiveをありがとうございました。

そして、Live開始。
まずは“QUNCHO with THE THIRD STONE BAND”である。
名前の通り(?)のビッグバンドで、リーダーのQUNCHOさんは、もう還暦を迎えるほどの高齢ながら、今でもバリバリの現役でらっしゃるようで。
「関西屈指のブルース・ロック・バンド、上田正樹&サウス・トゥ・サウスの元ギタリスト/ヴォーカリスト。」
だそうですよ、凄い漢だ!!
そんなビッグバンドなので、見ていてとにかく楽しい。あっという間に終わっちゃう感じでした。今日のBIGCATは華やかムードなのかな?

で、次がいよいよ“5050”。
彼らはTREASUER05X振りで…前のLiveといえば、帰り際にKSK氏と話したり、写真撮ったりした思い出が…あれ?
5050もクンチョーバンドに負けず劣らず楽しいPartyで有名。今回も、ゲーム形式のC&Rやら、チヒロさんの爆笑突っ込みやら(今日の笑いどこ参照)で、ホントあっという間でした。5050で35分は短いなぁ。1時間位あるともっと会場盛り上がるだろうに…。でも今回もチヒロさんの綺麗さと、テルさんの格好よさに撃沈した人はかなり多いはず…終わった後に、メンバーは物販出てきてたみたいです(サポートのKSK氏は出てこなかったそうな)。
Live最後は全員が[白鳥の湖]で退出していったんですが、もちろんそれにKSK氏も参加してましたよ、あのテレ照れしてるところが…可愛いっ!!



次は“植村花菜”。ここで、5050ファンの方が出て行ったので、最前列に移動。さすがは女性ソロなので、周りがいつの間にか男ばっか(笑)
植村さんは何曲かは知ってるし、FM802DJ中島ヒロトさんとも懇意なので、ずーっと一度は見てみたいなぁとは思ってましたが、よーやくそのチャンスが巡ってきたわけで。楽しそうに歌う歌声と、関西弁バリバリのぶっちゃけトークとのギャップがいい感じでした。

でも、それよりも、サポートKeyだった人が、凄くどっかで見たことがあるなぁ、ひょっとして…と思ってたら。
そう、サポートKeyは元・Fonogenicoの川口潤さんだったの!!元気そうでなによりです。やっぱり関西から離れたくなかったんだろうなぁ、と、ちょっとセンチメンタルな気分にもなれました。
マサルさん、頑張ってくださいね!!

***

んで、“Bahashishi”
“植村花菜”目当ての人と“Bahashishi”目当ての人が入れ替わった時に、すぐ後ろにCOSバカたねちゃんが来てました、彼女ももう艶やかさの出てくるご年齢ですねぇ…そうは見えんけれど(笑)

***セットリスト***

*野良猫
*オアシス
*キセキ
*月の呼吸
*紙ヒコウキ
*繋いだ手と手

***以上、セットリスト***


まさにミナホ特別仕様というべきか。35分程度という尺の短さを知り尽くした(既に4回目)上での、まさかの1曲目が[野良猫]。そしてそのまま[オアシス]に繋いで…と、かなりアガるセットリである。
MCを挟んで[キセキ][月の呼吸]と、ぐっと聴かせる曲を繋げたあと、『新曲をやります』と。
てっきり11/12発売の[繋いだ手と手][今すぐ会いにゆくよ]で来るのかと思いきや、まだ未発表の新曲[紙ヒコウキ]でっ。
最後はガツンと[繋いだ手と手]で締めでした。

いや、しかし今回のLiveは凄い気合入ってたのが良く分かった。一言で言うと『良過ぎた』。さすが4度目となると違うね、ミナホというイベントの特殊性をしっかり理解した上で、どこまで“Bahashishi”というアーティストの魅力を伝えられるか、そして、いつも来てくれている人にも納得できるだけのLiveができるかと。その両方をしっかりと満たしていたLiveでした。
浩一さんともしっかり目が合ったし(これは毎回恒例ですな)。



満足して、BIGCATの物販スペースへ。
そこには、ユラリちゃんをはじめ、メンバーの皆様が出て着てくれていて…皆さんとお話してました。
ユラリちゃんには[紙ヒコウキ]の記載についてとか。Hajimeさんは衣装のソデが長くってドラム叩くの邪魔になってたって。JARIさんは今回メガネつけてて、気合も十分だったので凄く格好良かったし、明日香さんとはまた四国で会いましょう(もちろん大阪にも遊びに行きますけれどね)と。
浩一さんは、やけに汗だく(MC中に変なこと言ってるヤツが居たな・笑)だったので、「タオルあげましょうか?」って言ったら、喜んで使ってくれました。まぁこの日そんな汗だくになるような日じゃなくて、タオルもほとんど使ってなかったので…なんかちょっと、貢献できてよかったなぁ。

その後、当然後のオレスカは見向きもせず(会場規制かかってたけれどね)BIGCAT前で友人らと話してるうちに「ビッグカメラで缶バッチ引換えに行こう」という話になり、歩いてビッグカメラまで。
引き換えた缶バッチはMINAMIWHEELのヤツだったので、可もなく不可もなくというところか。その後、なんばウォークで夕食を一緒に食べて、近鉄で帰る友人とは難波で別れて、一人なんばHatchに向かうのです。
そう、オールナイトイベント「MIDNIGHT EXPRESS」に参加するために。




「MIDNIGHT EXPRESS」@なんばHatch
出演者一覧。()内は登場時間
→コトリンゴ(21:45)
→BlueBlue(22:30)
→ソフテロ with 常田真太郎(fromスキマスイッチ)(23:15)
→ONE OK ROCK(00:00)
→BENNIE K(00:45)
→Jill-Decoy association(01:30)
→KAT(02:15)
→大柴広己(03:00)
→MEN☆SOUL(03:45)
→セカンドライナーズ(04:30)
→MR. MINAMI WHEEL(05:00)


本当は今日のトリのアーティストを見た後に、なんばHatch集合という事になっていたのですが、結局夕食食ってBahashishi友と解散したのが21:20頃だったので…
観る予定だった“大石昌良”も思い切り規制かかってたし。
豪快に諦めて1人先になんばHatchへ。

既に開場(21:00)後だったので、人もちらほら入ってる。
なんせ“BENNIE K”出ますもんね。ミナホのPass持ってる人はドリンク代だけで入場可能なのですが、このイベントのみのチケットで入場する人も2,30人はいたかなぁ。

入場すると、開場後ろ(下図参照)には畳が。
Hatch見取図.jpg

とりあえず、序盤みたいアーティストも居ないので、畳に居座ることにする。まぁ寧ろ観たいアーティストもほとんどいないのだが(MEN☆SOULとMr.MINAMIWHEEL位か)。
最初の“コトリンゴ”をぼーっと聴き、次の“BlueBlue”辺りでSuperfly友がやってきた。とりあえず他の皆様は“BENNIE K”はフロアに下りて踊ってくるそうだ。僕はそこまでする力もなかったので、一人お留守番。

“ソフテロ with 常田真太郎(fromスキマスイッチ)”は、まぁ、常田君てイマイチマイナーですし。“ONE OK ROCK”は、普通の人気ありそうなロックだったので、特に興味もなし。
そして、皆様待望の“BENNIE K”はさすがに盛り上がってたねー一体どこからこんなに?っていう位人増えたし。それに反して畳の上からは人がごっそり減ってたし(笑)

ベニーケイLive
畳の上からパシャリと隠し撮り。
まぁ、照明しかうつってませんが(笑)

いやでもさ、『畳の上でベニーケイを聴いたんだ』っていうと、なんだか凄くレアな感じじゃない?並みのベニーケイファンでも体験したことない世界だよ、間違いないよねぇ。
あ、でも3rdAlbumは好きなので、その曲[オアシス][サンライズ]は畳の上で立って見てました(立てばステージは見える)。



で、僅か35分ほどの“BENNIE K”が終わると人がゴソっと減る(多分、7〜8割減)。まぁ薄情な世の中よのぉ、と思いながら、輪駆さんは再び畳の上でゴロゴロリ。
次の“Jill-Decoy association”はどっかで名前聴いた事あるなぁ、と思ってたら、某友人が押してるんでした、だからか。
まぁ、眠さとしんどさの微妙な調合度合いに、畳という最高の器があったおかげで聴いてるんだか聴いてないんだか分からないって状況でしたけれど。そんな状態は、次の“KAT”や“大柴広己”にも続く。でも、KATは[なごり雪](イルカさんのカバー、前にSONICで聴いた)とかはちゃんと聴いたし、大柴広己も観客(深夜帯独特の変なテンションの)とのやりとりが面白かったなぁ。

と、ここまで完全に睡眠モードで、力を貯めていたのは、3:45からの“MEN☆SOUL”があるからだったのです。
北海道出身のダイナマイト・ディスコ・ファンク・バンド。昔タダで行ったイベントで観たことがあってその時の[CHOI☆HIDARI]が凄く印象に残ってて、しかも踊れるナンバーだったので…この機会にまた再見できるのも何かの縁に違いない。ちなみに彼らの見た目は鶴もビックリのメンバー7人全員アフロで、グラサン着用という素晴らしいビジュアルです。

そんな訳で、寝てる友人らを尻目にダンスフロアへ。
うん。予想以上に踊りまくって、楽しかった〜♪新曲の[花火]は凄く聴かせるバラードだったし、MCで観客の1人から「今日のパンティの色」とか聞いちゃってるし、しかも答えてるし(笑)

畳に戻ってきたら、友人もみんな起きて踊ってたって。
うーん、朝4時のテンション恐るべしだな(笑)



そして、福島のLiveHOUSE 2ndlineのスタッフバンド“セカンドライナーズ”の後に、オールナイトの締めの定番“MR.MINAMI WHEEL”が登場。“MR.MINAMI WHEEL”については…これは、現地で確認してください。多分来年も出てくるはずです。絶妙な締めでした。それ以上は何も言いません。

そんな訳で、5:30頃にイベント終了。
長い、ホントに長い2日目のMINAMI WHEELが終了したのである。
朝日を眺めながら高槻に一旦帰り、7時半頃就寝…
posted by 輪駆 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Liveレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。