2008年12月21日

うぐさんトーク&サイン会

愛媛県出身のFighters戦士といえば?

そう、野球小僧こと藤井選手

も、ですが、もう一人忘れちゃならんのが、
済美高校出身、
稀代の長距離砲鵜久森淳志選手でございます。

その、鵜久森選手がエミフル松前でトーク&サイン会をする、
と言うことで、Fightersファンで愛媛出身な輪駆さんは当然のようにエミフルまでお出かけしていったわけですよ。
友人gyo氏を誘って、男二人でエミフルへ。

ちなみに、僕は初・エミフルでした。



イベントは11時からの回と、15時からの回があって、
当初の予定では11時からの回は見るだけにしておいて、15時からの回でサイン会に参加できたらいいなぁ、などと思っていたのですが。

エミフルに着いたのがちょうど10時頃で、
まだ、11時からの回のサイン会整理券が余裕で貰えました。
(番号が38番だった、先着100名)

12/21うぐさんステージ

最近イベントごとは何かあるたびにエミフルでやる傾向なので、
ステージもさぞかし大きいのだろうと思っていたら、
会場のグリーンコートは、意外とこぢんまり。
(それでも、150〜200くらいの椅子は置ける)

友人と合流し、11時の回を待つ。
10時半頃から整理番号順に入場し、お姉さんの進行説明を聞く。
(進行のお姉さんが可愛い人でした)
どうやら質問コーナーなんて素晴らしいものがあるようだ。
これは、何か質問しないと…

***

11時。
鵜久森選手登場。
2階からエスカレーターで降りてくる。
もちろん、ユニフォーム(ホーム)姿だ。
真っ黒に日焼けしていて、髭も生やしているので、何とまぁ格好よいことか…野球選手っていいなぁ〜

で、そこから進行のお姉さんとのトークが始まるのだが、
てっきり撮影禁止かと思っていたら、その類の説明は一切なく、
みんな普通にカシャカシャと撮っておるでは。

だから、僕も数枚撮らせていただきました。

12/21うぐさんトーク

トークの様子。

「野球を始めたのは?」
「愛媛に帰った時、必ず食べるものは?」
などという、非常に微笑ましいトークが進み、

今回なんと特別ゲストで小・中・高校時代のチームメイト(→参考)なんかが駆けつけてくれていて、子供時代のあだ名だとか、高校時代のエピソードなど、面白い話も聴かせていただきました。
(愛媛の人にとっちゃ、ハムの鵜久森くんよりも、済美の鵜久森くんの方が印象強いだろうからなぁ)

そして、一通りトークが終わったところで、質問コーナー。
これは、輪駆さんも手ぇ揚げて行きましたよ。

で、ちゃんと指名されたのです。
僕がした質問は(チーム内、国内外問わずで)目標としたい選手は誰ですか?』というもの。

鵜久森選手はまず一番に小久保選手(ソフトバンク)を挙げました。
やっぱり長距離打者としては、学ぶべき所は多いんでしょうね。
後は、プロとしてやはり稲葉選手はすごく尊敬できるとも。
まず、姿勢から違うらしい、さすが一流と。

僕らファンでも、守備位置まで必ず全力疾走するあの姿は、
尊敬に値するからなぁ、これも凄く良く分かりました。

ちなみに、鵜久森選手は今年から、あえて長距離砲であることを捨てて、アベレージを上げていこうと必死で取り組んでいるようで。(ファームでの)本塁打は少ないものの、打率は上昇し、何よりも三振が激減したということで、本人もかなり手ごたえを感じているようでした。

***

質問コーナーも無事に終了し、待望のサイン会。
既に整理券を得ている僕らはあせることなく、最後の方まで待つ。

12/21うぐさんサイン会

サイン会の様子。

で、自分の番がきたら、色紙(これは球団側が用意した)にサインしてもらい、「絶対来年は一軍で活躍してください」と激励して、握手。

終了後も鵜久森選手から一言あって、再びエスカレーターで退場。

そんな感じの11時からの回でした。



で、次の整理券配布が13時からと。
(11時の回が終わったのが、12時頃)
とりあえず昼飯を食べて、13時過ぎに再び整理券を貰いに。
今度は66番でしたが、サイン会整理券もしっかり貰えました。

とはいえ、色紙2枚もはさすがの僕も要らない…
だから、今日はユニフォーム持参で来ていました(笑)
もう、やる気満々じゃ。

次の回が15時からだったので、それまでの時間は買い物したり、エミフル探索してみたりと、のんびりした時間を過ごす。さすがに昼を過ぎるとお客さんも目に見えて増えてきた。

15時からの回は、立ち見の人も11時の回よりは遥かに多かったです。
鵜久森選手も、人の多さにビックリしていました。

基本的には、同じ流れだったのですが、話の内容は結構違っていて、こちらもかなり楽しめました。ゲストの3人さんも、きっちり参加していましたし。

質問コーナで、「仲の良い選手は?」という質問には、小谷野選手と哲稀選手が挙げられてました。後は同期同年齢のダルビッシュ選手や、同じ外野手で二軍でしのぎを削っていた紺田選手など…

鵜久森選手も、語り口は今の若い人っぽい感じでしたが、野球に対する取り組み方はかなりまじめになっているようで、それが言葉の端々から伝わってくるような…

Fightersの外野手って、稲葉さんをはじめ、哲稀選手、糸井選手、紺田選手…と、これかなり12球団でもトップクラスの(守備力の高い)選手がそろっていて、守備には難のある(足が遅く、肩も平均以下)鵜久森選手は、なかなかレギュラーに定着するのは大変そうな感じではあるのですが…

何せ、近年のFightersは、歴史的な“貧打”ですので、
しっかりアベレージを残し、それにあわせて長打力も復活させていけば、彼の出番はきっとあると思うんです。
(いうなれば、坪井選手の後継者を目指すような)
そういう意味でのライバルは長打力もある金子洋選手かな?

それを首脳陣も分かっているだろうから、必死に彼を伸ばそうと強化指定選手にしたり、二軍でレギュラーの座を与え、実戦経験をつませたり、一軍登録枠が空いたときに(戦力として使えないと分かっていて)一軍登録させてみたりと…
相当の期待されてる選手である、と。

それを、鵜久森選手も理解して、今はとにかく地力をつける。
その一心で頑張っているということが、今回のイベントで直に確認できた。
それが、僕にとっても凄く励みになるし、収穫でした。

Fightersの高橋信二捕手や飯山選手は、レギュラーになるまで6〜8年かかっている選手です、そういう長期的に育てるということをしっかりやってくれるチームなので、鵜久森選手の今後にも、大いに期待できそうです。

そして、15時からの回には、生粋のハムファンな人も来ていました。後で話してみたら、なんとこの日のために(?)兵庫から来たと。
そういや大阪ドームで見たことあるような…??

ファンも鵜久森選手の活躍には期待してますよ。

で、この回のサイン会では、宣言通り(?)ユニフォームにサイン貰いました。もう試合になかなかいけないから、着る機会も少なくなりそうだけれど…試合に行くときは、是非着ていこうと思います。

***

そんなわけで。
非常に楽しい一日でした。

やっぱしFightersは大好きだなぁ、と。
思ったね、思った。
posted by 輪駆 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Fighters | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。