2009年01月02日

初夢。

伊豫鉄道が毎年正月に売り出しているのが
「初夢きっぷ」
これが、正月3ヶ日電車、バス乗り放題で
(市内・郊外電車、一定区間のバス)
たったの600円という破格値。

…ちなみに我が家の最寄駅から、
松山市の中心部、松山市駅までが郊外電車で片道300円。
つまりは、1往復の時点でもう、元が取れると。

こんな便利なきっぷは使わずにはいられないのが、
旅人の性というやつですよ。
と言うわけで、馴染みの無い場所へ色々行ってきました。



とりあえずは郊外電車の終点を目指そうと。

鉄MAP.gif

うちは横河原線(松山市〜横河原)の某駅ですので、
そこより先〜横河原までは乗る理由が無いのです。
この際ですもんね、と、横河原行きの列車へ。

ごとごとと10数分揺られ、終点横河原。

1/2横河原駅

歴史ありまくりな感じです。
終点とはいえ、所詮中小私鉄。
駅前っても、たいしたものはありませんが。

でも、夏場にはおいしい手作りアイスキャンデー屋さんがあります(4〜10月)。
そして、夏には花火大会が近くの河原で、
秋には「いもたき」が同じ河原で、
結構楽しい場所なんですよ。
まぁ、我が家からなら車で行ったほうが断然近いのですが(笑)

近くの神社にお参りだけして、再び松山市行きの列車へ。
松山市からは、郡中線(松山市〜郡中港)に乗る。

前にエミフルに行った時にはじめて乗ったので、
間隔を空けずに二度目の乗車となった。
さすがに、本日いよてつ高島屋が初売りだっただけあって、
いよてつの紙袋持ったお客さんが多い。
そうで無いお客さんはエミフルに行くのだろうか?

僕は別にどっちにも指して興味が無いので、
(とにかく今は購買意欲が全然湧かない)
そのまま終点の郡中港まで乗りつぶす。

郡中港駅の目の前には、JR四国伊予市駅がある。
JRのくせに伊予市駅とは、珍しい名前だと思うが…
旧国名と市名がかぶる場合は、そういうこともあるらしい。
(出雲市駅とかもそうですしね)

当然、初夢きっぷはJRに乗ることができないので、
見学だけしたら再び伊予鉄で…と思っていたのだが、
20分ほどで次の列車(普通、松山行)が来ると。

しかもそれが、上下交換待ちというのもあって、
20分前くらいに入線して来たものだからあら大変。

1/2JR四国キハ32系

ディーゼル音が僕を惹きつける…
と言うわけで、結局260円の切符を購入し、松山まで乗ることに。
内子方面からの普通列車との接続もあって、一両編成の車内は、座席がほぼ埋まるほどの盛況でした。
ゴゴゴとゆっくりスタートしてゆくディーゼルカーには…
うーん、萌えたな、うん。

***

松山駅着。
ココからは伊予鉄に再び戻り、市内電車で一駅行った宮田町へ。
ここにはフジグランがあるので…
また4日に来る予定なんですが…
(ガンジンルーのイベントと愛媛FC選手のサイン会がある)
下見ってやつですな、うん。

で、そこからまた松山市駅へ(市内電車で)。
駅からは銀天街、大街道と歩いて大街道の電停から、市内電車で松山市駅まで戻り、そこから郊外電車で家へ…
と、思ったのだが、気が変わったので大街道のバス停から、久米駅前行きのバスに乗る事に。
もっと時間かかるかな?と思っていたが、意外にあっさりと久米駅前着。市内電車と郊外電車乗り継ぐより早かったかもしれん。

で、後は久米駅前のブックオフで少し時間をつぶして、
家に帰りましたとさ。

色々動いた割りには、あまり歩いてないなぁ…
posted by 輪駆 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。