2009年01月19日

福西もてこーい!!

愛媛FCが東京Vを戦力外になった、福西崇史選手(愛媛県新居浜市出身)に、
獲得オファーを出した!!

…らしい。
(東京中日スポーツで記事になってるらしいが、Webサイトには記事掲出なし)

おおお、
ちゃんと、愛媛が“やる気”を出してくれた!!
何よりもソレが一番嬉しいですよ。



そりゃだって、愛媛FCなんて、年間予算数億円規模(1桁)の弱小チームだし、環境だって決して良いクラブじゃない。

おまけに“走らない”と噂される福西選手が、
“動くサッカー”を目指す愛媛FCの戦術に合致するのか?
最盛期は6,000万を数えた年俸に見合うだけの資金力があるのか?

とか、そういう問題点もありますけれどね。

でも、“戦力外になって、未だ所属先が決まらない郷土出身選手”
(しかも、W杯に出場経験もある、抜群の知名度を誇る)
に、公式オファーを出さないのはどうだろう?

と、僕も思っていましたし、
年末の南海放送ラジオの特番でも、そういう話はしていましたから。
獲れる獲れないは次元の違う話として、
やっぱり、地元出身の有名選手に声をかけていく、
ってのは、重要なことやと思います。

***

愛媛FCの現状を考えると、
「有名選手の加入による、一時的な観客動員の増加」
っていうのは、それこそ喉から手が出る程欲しいものです、
もちろん、それにおんぶにだっこじゃあきませんが。

「来てもらった上で、勝つ」

これが観客動員を上げる、最高の処方箋です。
それは、数年前の北海道日本ハムファイターズを見れば明らか。
移転というインパクトに、新庄選手の加入、
そして、夢にまで見た日本一…

今では、12球団有数の観客動員を誇る、
そんなチームにまで登りつめてしまいましたから。
(阪神、福岡、読売に次ぐ勢いだと思う)

そりゃ地道な交流などもソレに負けない位大切ですよ、
でもやっぱり、プロ球団なのですから、
「楽しい、嬉しい、誇り思う」
が、三拍子揃わないとあきませんよ。

その一歩として、やはり愛媛出身のサッカー選手では、
ダントツの知名度を誇る福西選手に
「君の力が必要だから、愛媛に来てくれ」
と、声を出すことは、非常に大切なことだと思う。

***

まだ、入団が決まったわけじゃないし、
普通に考えたら軽くあしらわれて当然のような話だけれど、

…もしも、愛媛のために帰って来てくれるなら、
そりゃもう、全力で応援しますぜ、福西選手。

posted by 輪駆 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。