2006年01月29日

四国トークなんてね。

と、日曜日です。
午前中は仕事でしたけど。

昨日、久々にくろまる氏二日連続バイトの宿泊地にしに遊びに来たので、地理学科卒の旅人同士、酒酌み交わしながらダベっておったわけですが…
この、地理学科って奴は、非常に便利な人種でね、
興味深い地図関連の書物と、インターネットがあれば、
それこそ一日中でもくっちゃべっていられるんですよ。

それぞれ得意分野みたいなのはありますが…
(輪駆の場合は北海道、くろまる氏の場合は離島や四国)
基本的に同じ旅人生業で生きてきた人間なので、
その辺は大して問題ないわけで、
ってか、四国は輪駆もかぶるからな。

しかし、改めて人々の話に耳を傾けると、
「四国=不便」
という意見が圧倒的に多くって(汗)

まぁ、そりゃ海を渡らないと本州にいけないし、
政令指定都市はないし、
かといって沖縄や北海道のような、魅力的な何かがあるわけでもなし、
物流も悪けりゃ、欲しいもの買うのだって一苦労、
水不足にはよくなるし、交通は遮断されやすいし、
温州蜜柑は不作が続くし、存在感はないし、

関西や中国地方に住んでいる人ですら、
四国四県の名前と位置が全ていえない、
そんな人はざらなわけで…

幹線国道は渋滞の温床だし、3ケタ国道は果てしなく酷道だし、
道は狭いし、未整備道路多いし、
愛媛のナンバープレートは文字変だし(最近修正されたけど)、
松山と高松で常に四国No.1の座を争って、
どんぐりの背比べしてるし、

同じ四国でも高知は完全に独自の文化があって、
イマイチついていけないところがあるし、
徳島なんてほとんど関西の属国みたいなもんだし、
高松はうどんこそ有名だけど、日本一狭い県だし、

…とにかくあまりいいところってのはないんですけどね、

それでも、輪駆はやはり自分の生まれ故郷。
そらもう、愛媛は松山に勝る場所なんてありません、
くろまる氏も、遍路を回って以来、完全に四国LOVEになってるし、

四国の最大の特徴は、
「もてなしの心」を誰しもが持っているというところ。
排他的な県民性というものも、ありはするのだが、
一度心を許した相手には、尽力を惜しまない、
そんな素敵な心を、皆が持ち合わせている国が、四国なわけで。
(あくまでも、個人的な考えな)

遊びに来ると、のんびりした空気と、スリリングな景色、
そして、もてなす人の温かさ、
そういうのを肌で感じることができる、

いいところですよ、四国(とくに愛媛、松山)。
一度も来た事ないって人は、一度来てみんしゃい。
都会暮らししかしたことないひとらにゃ、そら刺激強い場所じゃけんの。
posted by 輪駆 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地理会議
Excerpt: 前夜は久しぶりに高槻の輪駆氏宅で地理会議. 平たく言えば週末は2日連続京都で仕事
Weblog: ハッピーライフ
Tracked: 2006-01-31 23:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。