2006年07月29日

百物語第二十話。

7/28(金)
上田現『百物語〜第二十話〜』
@拾得


***

で、仕切りなおし。
6時1*分。ようやく入場開始。

明らかに年齢層高いです。
輪駆の年齢ですら、浮いてます。
当然、ちこ姫なぞひよっこ

さすがバンドブーム世代は違いますね。
ルイルイ目当てはホントに数名か?
(むしろ、上田さんをまったく知らないのは私たちだけ!?)

(以降、多少ネタバレ含みます、あ、セットリストはありませんので)



入場。
狭いハコでも夢番地優先。
ローチケの私らは、しばし待つ。
そして、ぴあもe+もローチケも同じ整理番号があるそうな。
だから、輪駆の整理番号8番は、実質22〜24番。

まぁ、それでも前のほうであることは確か。
座った席は…ココ参照(←わー手抜きだ!!)
要するに、ルイルイしか見えない、COSfanのためのポイント
少し遅れて入ってきたちこ姫や兄貴も、見事固まってスタンバイ。

さぁて、いよいよLIVEですよ。
…といっても、一応まだ東京公演が終わってないので、さらりと書いておきます、いずれ細かく書くかもしれませんが、私の記憶力がそこまで持っているかどうかが問題点。

ルイルイ…
COS解散LIVE以来の、生で、生きて動いているルイルイ。
もう、これが見られただけでも行った価値ありです。
そして、ルイルイ亜州の旅でも触れていた二胡。これはもう…本当に真剣に取り組んでいる姿が印象的(上手いかどうかは素人の私には分かりませんが…上手でした、と断言)。
そして、ギタープレイ。
アレはお目見えしなかったものの、いやいや、こんなにじっくりルイルイのプレイ見たの初めてですから(COSのLIVEではいつもケースヶ凝視)、あーやっぱりギターって格好いい!!と今日だけはルイルイ派名乗っちゃいます、って勢いです。
距離が非常に近かった(3m位)&視線の高さもほぼの同じなので、足さばき(役員が始まる前から絶賛してたが)や、細かい動きも良く見えたし…関西最高!!

そして、現さんとの息もなかなかこれが…
一緒に曲歌って嬉しそうだったり、本当に現さんのことを尊敬しているんだなぁ〜と見ているこっちが嬉しくなりました。

あと、一回だけだけど、すっごくペテロに近づいて、まるで何か話しかけるような仕草、あれはルイルイのペテロに対する愛のようなものを感じたね、感じたよね?

関東でご覧になる方、その辺要チェックですよ。

曲も、現さんの曲は殆ど知らなかったけど、非常に聞きやすく、しかも興味深い曲も(地理関係?旅行関係?)あって、まぁ、視線の90%以上はルイルイに向いてましたが、結構心に残る歌なんかもあって、さすがだなぁ、と感心。
何より呼人さんがそうだったように(実際見てないからアレですが)、純粋に音楽を楽しんでいる姿は印象的でした。

あと、印象的だったのが、LIVEを見ている我らがバカ達
キラキラした目ぇして、一点にルイルイを見つめていました。
特にひとり、すごく良い笑顔でずーっと見つめてる人が。
…いやいや、惚れるトコだった(笑)それ位良い笑顔でした。
これも、COSが僕らにくれたものなんだなぁ〜って。

そんなわけであっという間にLIVEが終わりに近づき…

姫、門限の為最後まで(やはり)見られず。残念。



LIVEが終わったあとは、余韻に浸りつつ、高槻まで戻って二次会(テンションが高いので寝てられません→ソウルツアーに同じ)。
タクシーで阪急大宮駅(これも1メーターだった)まで行って、阪急電車で高槻市駅へ…

つづく!!
posted by 輪駆 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Liveレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。