2007年10月08日

8/12は筒石駅に行きました。

筒石駅って知っているだろうか?

筒石駅

北陸本線の小さな駅なのであるが、その場所が場所なために、鉄道ファンの間じゃかなり有名な駅である。

何が珍しいかって言うと、その駅が『トンネルの中に設置されている』(地下鉄は論外)のだ。まぁ、厳密に言うと『駅のホームがトンネルの中にある』のだが。

山がちな日本では、こういう駅がいくつかあって、
有名なところでは青函トンネルの『竜飛海底駅』『吉岡海底駅』となるのだが、この2駅は客扱いをしていないので、例外である。

他に、上越線の『土合』(下りホーム・新潟方面行き)や、
ほくほく線の『美佐島』(JR以外で唯一のトンネル駅)などがあるのだが、JR西日本管轄で、大阪から一番近いトンネル駅となる。

過去は、この駅も海岸線沿いの集落を縫うように走っていたのだが、塩害や風害が多く、列車運行に支障がでるということで、新しく頸城トンネルが掘られ、そこの途中にこの筒石駅が設けられたという、そんな歴史があったりする。

***

前々から通過したことは何度もあって、
一度は降り立ちたいなぁと思っていたのだが、場所が場所ゆえになかなか機会にも恵まれず(ダイヤも1時間に1本程度しかない)。
何とかようやくこの金沢行きに無理矢理組み込む形で、今回のコレが実現したわけである。



朝9時頃にホテルをチェックアウトし、金沢駅に向かう。
片町から(空いていれば)バスでも10分程度である。
まだ朝早いから道も非常に空いている。

金沢を10:58に出る直江津行きがあり、これに乗れば乗換えなしに筒石まで向かうことが出来る、しかもこれは行きに乗ってきた10時過ぎに金沢に着く列車の接続列車なので、朝5時に高槻を出れば、この列車にも乗ることができるのだ。
まぁ、一日の途中下車を挟んで、昨日の続きをするようなものだと思えばいいのではないでしょうかね?

列車は富山を越え、糸魚川を越えて…
13:51に筒石駅に到着する。
(簡単に書いてるけど、3時間かかってますから・笑)

ホーム
(駅のホーム、夏でも当然ひんやり)

待合室
(列車通過時の風が凄いので、待合室は頑丈な扉で守られている)

階段
(階段は約300段、ゆっくり歩くと5分はかかります)

いやー思った以上に良い駅だ。
で、階段を上って改札を抜ける(ここは委託駅員が常駐している)と、駅員さんが『途中下車印要る?』って聞いてくる。
多分に、“そういう目的”のお客さんが多いためであろうが、折角なのでもらっておく、一緒に筒石駅を紹介するビラももらいました。

この筒石駅も『青春18きっぷ』の赤券販売駅であり、まぁ、関東地方(JR東日本管内で赤券を発売している駅はない)からは比較的近い駅になるらしく、また、この駅の名前を冠してある赤券ということで、非常に人気らしい(それは、駅員さんも言ってた)。

駅を出て、下の集落まで歩いてみる。
途中で眺めのいいところ(高速の高架の基礎)でますの寿司を食べる。やっぱりお弁当は外で食べるのが一番。

日本海が見える。
(奥に見えるのは日本海と、筒石の集落、駅から歩いて10分ほど)

食事後、筒石の集落まで歩いていく。
まぁ、日本海側の小集落だから、本当に小さなものだ。
旧の北陸本線は、自転車道に転用されており、これは一度走ってみたいなぁ、と、ちょっと廃線後チャリダーの血が騒ぐ(笑)

後は、橋梁の基礎跡とかを見て、駅に戻る。
大体1時間半くらいで、今度は富山行きがあるので、それに乗るためだ。

15:11の富山行きに乗り、筒石駅を離れる。

頭きれちゃった
(1人で記念撮影、コレが一番恥ずかしい・笑)

富山で少し時間があるので、駅北にある『富山ライトレール』の富山駅前駅に行ってみる。
これは、旧JR富山港線を、より市民の足になるようにライトレール化して存続させよう、さらには富山駅が高架化(新幹線開業と平行して工事中)した際には、駅南を走る私鉄と接続しちゃおうとか、そんなことを考えているそうな。

富山ライトレール
(まだまだ新しい)

'06.4に開業し、その後の運営も結構順調らしいので、新幹線が富山に来て、富山地鉄と接続されるようになれば、さらに効果も期待できるんじゃないかなーと思う。
でも、富山が活性化することがまず第一ですけれどね。
(東京ごときに人取られちゃうようじゃダメですけれど)

そこからは、富山〜敦賀間の普通列車とで一気に敦賀へ。

で、敦賀からは長浜行きの普通列車に乗り換えるのだが、これが、大阪以西方面への最終電車(大阪までならもう一本後でも可)ということもあり激混み(だって一両編成だもん)だったので、近江塩津で列車を降りて、湖西線経由にすることに。

長浜からは新快速に接続しているのだが、実はこの近江塩津で京都行きの普通列車に乗換えたとしても、何故か山科でこの2列車が接続するのである。
(湖西線の方が距離が短いため)

だから、湖西線普通列車でゆっくりと山科まで。
山科からは新快速に乗換えて、高槻まであっという間。
23時過ぎには、家に帰ってきましたよ。

で、この次の日も、5時発の普通電車で、広島方面に向かったわけでありますけれども…それは、コチラ参照でね♪

と、あっさりと書いておこう。
(あんまり濃く書くと、引かれますし・笑)
posted by 輪駆 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。