2008年05月05日

スペシャル版がありました。

今日はヤッターマンの1時間スペシャル。

いやがおうにもテンションがあがる…はずですが、
今日はFunkyMarket後、初の尾上さとこさんの番組があるってことで、
もちろん、ヤッターマンも見つつ尾上マンの番組もチェックする。

そんな状況でヤッターマン見とりました。
どうも、情熱が湧ききらないなぁ。

***

今回はみのもんた氏(本人)が出演して、
ドクロリングを巡るドタバタがあるって内容。
日テレ凄いなぁ。



まぁ、長いんで1から語るのはしませんけれど。
普段全くテレビ見ない僕としては、
非常にストーリーに感情移入しにくく、
日テレらしいなぁ、と改めて思わされました。

やってることは面白いと思うんだけれどね。
テレビっていう世界自体がどうも面白くないので、
その辺が残念です。

でも、ドロンボーの弾けっぷりや
(♪天才ドロンボーもうたってくれたし、お便りも読んだりしてたし、なによりも「のびたー」が・笑)
ヤッターマンもすっかり板についてきた感がありますので、
個人的にはストーリーの現代風アレンジをもう少しおとなしめにして、子供達に“見ているだけで何故かためになる”感を出していただければ嬉しいなぁ、と思うのです。

さすがに昔話題材とかは、もう時代的に厳しいかもなので、
「働く人たち」を題材にするとかねぇ。
大変な仕事だけれど、やりがいがあって楽しいんだ的な。

しかしみのさんはあふれこでも上手なもんですね、
(というより前の叶姉妹が酷すぎたせいだろう)
あの人って元々何してた人だっけ?

…調べ中…

やっぱりアナウンサーだよな。
そうか、文化放送だったのか。
ふうむ…

まぁ、なんにせよ色々な意味で、
「日テレ(系列)」らしさが出てたスペシャルでした。
そして、音屋の二人どこにでとった?
また今度見てみるか…

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。