2008年05月17日

カレイドスコープ@名古屋

5/16(金)

Bahashishi ONEMAN TOUR 2008
『カレイドスコープ』

@名古屋ell.FITS ALL

***

好きになってから、初めてのワンマンLive。
これほどLiveを待ち焦がれたのは、COS以来かもしれん。
で、Tourラストの@大阪が5/25。
Tour初日の@名古屋が5/16。

この9日間が待ちきれなかったのさ、僕は。

というわけで、仕事を17時きっかりに引き上げて新幹線で名古屋へ。
乗換えが絶妙すぎるくらい上手くいったおかげで、
18:20にはエルに着いてました。
いやー日ごろの行いはやっぱり良いに限るよね。



BahashishiTour08小

エルでは、師匠であるkobuさんにご挨拶。
彼女はいつのまにやら一桁の整理番号チケットを手に入れていたらしい…さすがは師匠(笑)

開場して、入場する。
エルの上(ell.FITS ALLのこと)は3/15のLOVEさん以来だ。
ほんの2ヶ月前なんだなぁ…

会場に入ると、NEWグッズが並んでる。
Tシャツとストラップだ。
しかも、どちらもデザインめっちゃ秀逸。
これは200パー買いだね、買い。

Live前のなんだかざわざわした雰囲気っていうのは、
これからの期待や不安を象徴してるようで、結構好きな時間だったりする。
今回は整理番号も比較的早く(25番)2列目に居座る。
というよりkobuさんのすぐ後ろだ。
彼女はさして身長の高いほうではないので、視界も良好。
もちろん、浩一さんの目の前辺り、である。

お客さんは…100人には届かないくらいかなぁ。
もう少し多いかなとおもったけれど…
果たして東京大阪でどの位なんだろう。
せめて300は行ってほしいな、@大阪。

で、19時を少し回って、Live開始。

メンバーの服装は@高松とほぼ同じ。
一連のツアーという位置づけなのだろう、多分。
ユラリちゃんの腰のチェーンも無事直ってました(笑)

***

ど根性セットリスト。

*オアシス
*Drowing
*アイコトバ
*Time Machine
*まばたき
*新曲?
〜MC〜
*幸福島(メンバー紹介含む)
*新曲
*二人結び
*愛を見た日々
〜MC〜
*渇望
*約束
*野良猫
*逸楽の夢
〜MC〜
*キセキ

***アンコール***

*月の呼吸
*Line

***
(輪駆注:MCは特に目立ったもののみ)

とまぁ、豪華絢爛17曲。
と…[id]と[空っぽの世界]はやってないのね。
(どちらも「カレイドスコープ」収録)

でもでも、進むにつれてどんどん引き込まれていきました、
えぇ、Bahashishiの世界に。

元々どっぷり漬かっている方の人間ですが、
なんかLive前までは、漠然とした不安があったんです。
(言葉にできないレベルの漠然とした不安)

でも、そんなん関係なかったね。

やっぱり彼らの音を聴けば、体は勝手に動くし、
彼らの姿を見れば、ついつい目で追ってしまう。
やっぱり好きだわ、Bahashishi。

***

で、今回気になった点をいくつか述べておきますと…

*アンケート用紙がまず必見。
*おなじみのマイクスタンドは[アイコトバ]専用
*[幸福島]が…ずるい、あれはずるい。
*幸福島ツアーは、大爆笑必死ですよ、特にHajimeさん。
*[幸福島]では、これまた爆笑マル秘メンバー紹介。
 →電話口でにゃんにゃん言葉
 →騙されてるけれど、認めない
 →一人乳首を触る
 →飲んだらしっかりと吐く
 →BBQの度に彼女が変わる
 →遅刻しない・忘れ物しない…云々
*[渇望]〜[逸楽の夢]の流れは文句なしに良い!!
*浩一さんが最前に出てのギターかき鳴らしに感激。
*ホント、ユラリちゃんに出会えたのもキセキです。
(何せ買おうとしてたCDが売り切れてたから、BahashishiのCDを買ったっていうところが、そもそもの始まり)
*Tシャツの説明がずいぶん適当(笑)
*最後はもちろん、[Line]で!!
*[新曲]が撤収時の音楽で流れてるので要チェック

いや、本間にね。
冗談ヌキで最後の[キセキ]聞いてると、この“Liveで涙しない”(したのは山本正之大先生のみ)僕がですよ、いよいよぐっと来て、こみ上げてきてましたもの(涙まではいかないにしても)。
それくらい、切々とBahashishiの、ユラリちゃんの思いが伝わってくる、そんなLiveでした。
やっぱりワンマンは違うね、違う。
気合の入り方が尋常じゃないもんね。

早くも今年No.1候補のLiveですよ。
(あれそんなのいっぱいあった気がするな…)

***

で、終了後にTシャツ&ストラップを購入して。
アンケートを書きながら時間をつぶす。
でも、やっぱりワンマンLiveですからね。
メンバーが出てきてどうの、ってのはなさげな感じ。

でも、今回はkobuさんっていう心強い仲間がいます。
彼女と一緒なら、余裕で出待ちできますよ。
(そういうところも師匠たるゆえん)

kobuさんの友人らの輪に加わり、色々話して時間を潰す。

結局30分…いや1時間くらい待ったかな?
撤収作業を終えて、車に乗り込むまでの数分でしたが、
浩一さんやユラリちゃんとお話できました。
(ただ、今回はサインもらうものがなかった・失態)

まぁ、言いたいことは大体アンケートに書いておいたので。
(裏まで使ってメンバー全員にメッセ書いた)
会えただけでも十分嬉しいのさ。

***

でも、ユラリちゃん。
なんとなく声が本調子じゃないなと思っていたら…
やっぱり調子が悪かったみたい。
(脇腹の筋肉がどうとかなってたって…)

でも、前の@高松もそうでしたが、
Live中は微塵もそんなところ見せませんな。
すごく、プロになったんだな、て思いました。

[キセキ]の前のMCでも、
『私が歌うことで誰かの支えになれて、そうなっているという事実がまた私を支えてくれる』
みたいなこと言ってましたけれど、
なんかそれを聞いたら、ワライナキを思い出した。
(ワライナキもものすごくFan思いですが、まだまだインディーズでFanも少ないですので…)

…プロとしてメジャーの世界で戦っているBahashishiが、
そんなことをちゃんと考えて舞台に立てているなら。
…僕はますますBahashishiを応援しますよ。

僕なんかでよければ、がっつり支えになりますから。
これからも素晴らしい歌を僕らに届けてくださいね。

***

今回もほぼ最前列でがっつり楽しみました。
次の@大阪は最前列確定な整理番号です。

一度見ていたとしても、間違いなくがっつり楽しめる自信があります。
ホントに本間に、それくらい素晴らしいLiveでした。
いつもながら、どこ見たらいいのかで真剣に悩めますし。

BahashishiTour08大
ポスターの乱舞(笑)
posted by 輪駆 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Liveレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。